05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

何故かホッとする渓 

■ 様子見から1ヶ月を経って この渓に立つ
  何故かはわからないが この渓に来ると気分が安らぎ心地よい 今シーズンも宜しく! 

kako-5AL8agn2l6ZypatB.jpg

kako-LQemfFHmzqjPzdOT.jpg

AM06:00餌釣り氏が二人上がってきた ちょっとガッカリ
今日は大型ドライでのTRYと決めていたので 気を取り直して釣り上がるが やっぱり...
「真新しい足跡がなくなった途端に BIGではないが相変わらず綺麗な虹鱒が水飛沫を上げてくれた
それからは何時ものペースで 大きなドライフライに美形な虹鱒が飛び出してくれた
 
kako-LE3RQnkID9RxjkSI.jpg

今年購入したOptioW60で ドキドキしながら初めての水中撮影に挑戦
防水とは言え心配だったが トラブルもなく結構綺麗に写っていたので一安心

kako-ydN6RzNFSlQNUhvA.jpg

最終の砂防ダムまでの5時間半 ゆっくりと釣りを楽しませてもらった
砂防ダムでは 落ち込みを道路上から眺めていると 大型の虹鱒が悠々と泳いでいるのが見えるがお天道様が頭上まで上がった今では ドライには全く感心をしめさず 鼻っ面にニンフを落としても追っては来るが 喰らい付くことはなかった

kako-cIVKo5gx9tort7ym.jpg

林道を歩いて帰ると門扉のカードマンから こんな話をきいた
「来年は 新しいダムに水を溜めるよ」
水を溜める間は 下流の水量はどうなるのだろう 自分の趣味の上での勝手な心配をしてしまった
来年も是非 綺麗な虹鱒に会える渓であって欲しいと願う
スポンサーサイト

category: Fishing

Posted on 2009/06/29 Mon. 22:24  edit  |  tb: 0   cm: 0  

はじめて見ました 

■ ベッピン虹鱒を求めて またも渚滑川に立った
  数では大いに楽しませてもらったが ピンシャンの美しい虹鱒に 会うことができていない

■ 水の量が気がかりだった 
  やはり減ってはいたものの まだ対岸に渡ることが出来ず ピンポイントの釣りとなった
  #8のマドラーミノーを結びフライを投入すると 30cm台の虹鱒が勢い良く飛び出す
  数匹の虹鱒と楽しんだ後 「ゴボッ」と背びれで流れを割るライズを見る

kako-NNhay01MExZjewgn.jpg


■ 即座にニンフを沈めた 3投目に穂先が引き込まれ 念願のピンシャン虹鱒をGET
  魚体は50cmは軽くクリアしていたが 写真撮影時にアッサリと御帰還されたが...
  まったく悔しさはなかった

kako-JpwWJh6aBdxNleOa.jpg

■ その後ポイントを移動
  駐車場に着くと 3人の釣り人から「どっちへ行くの」と問いかけられ 釣り下りますと答えると
  それがいい 上流に熊の真新しい足跡が点在している との情報を聞かされた
  上流とは言え あまり気持ちよくなかったが 下流へ釣り下ると...

■ 「ゲッ」こんな奴が マドラーミノーをひったくった
  ナンじゃこりゃ

kako-X1cHDXf2uh7u7BmL.jpg

kako-ZdaZwz43onwlck74.jpg

■ 子蛇を頭から飲み込み 尾の部分を口からハバケさせて 更に流れてきたマドラーミノーに
  喰らい付くとんでもない悪食虹鱒を釣り上げて あっけに取られてしまった
  書物やマンガでは聞いたり 見たりしたことはあったが...

  大嫌いな蛇を咥えているので なかなかフックを外す気が起きず暫らく呆然と眺めていた
  脂汗をかきながらフックを外すと 蛇を咥えたまま元気良く流れの中に消えて行った
  瞬間 身体に身震いが...

注意: 熊の出没が盛んなようです ここ6線の他に 大雄・鎮にも日中堂々と出没したそうです
     ゴミは絶対に捨てないようにしましょう また川での食事も控えましょう   

category: Fishing

Posted on 2009/06/22 Mon. 21:48  edit  |  tb: 0   cm: 0  

3週連続で 

■ NEWロッド持参のH氏と同行で 3週連続の渚滑川通い
 
  1日先行のH氏から 天気も水量もまったく問題なしとの連絡 でも旭川周辺は土砂降りだった
  現地ではまったく雨もなく 午前中は青空が出るほど...
  柳の下のドジョウを狙って6線へ ニンフに反応するのだが 喰らい付いてくれない
  いろいろと試すがNG 場所を変えたが午前中はとうとうボンズ...

  天手古舞で食事を取りながら 若旦那の択朗サンからアドバイスを受け 午後の部を開始
  午前中に散発ではあるが かなり良いライズがあった場所で ウェットに替えた途端にHIT
  犯人は 釣ってはならない(持ち帰ってはならない)!? 綺麗な桜鱒だった
  イブニングは恒例の大雄橋下で 二人で盛り上がりながら ドライでの数釣りを楽しんだ 

kako-DPW5MpSO19wVPwgt.jpg

■ 翌日...色々悩んだ末 大滝橋へ
  橋の下流に先行者が居たため上流へ 連日の低気温と降り出した雨で 気分はトーンダウン
  していたが ライズを見つけて再びハイテンション...
  H氏が フライをとっかえひっかえ悪戦苦闘し ついにHIT 
  自分は早々にアウトリガーに切り替えて 数匹の虹鱒と戯れて帰路に着いた

  なかなか 50オーバーのベッピン虹鱒に巡り会えませ~ん
  暫らくは 渚滑川通いが続きそうです

※ 橋の下で 繰り返される派手なライズに スペイで淡々とHIT重ねる釣り人を暫らく眺めていた
  結構 いい雰囲気でした

kako-4YwsHfs8oEyaNaZ6.jpg

 ■ 早朝 大滝橋へ向かう途中 可愛い2頭を発見しカメラのシャッターを押した

kako-4ded7HdDT8Y8lo70.jpg

category: Fishing

Posted on 2009/06/15 Mon. 13:07  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雨の予報の中 

■ 天気予報は雨...
  高まった気持ちを押さえつけることが出来ず 1,000円の恩恵を受け深夜の高速道路を走る
  現地到着AM05:00 車のドアを開けると ヒンヤリとした朝の空気が身を引き締める
  案の定 水量は先週より確実に増している しかし釣りには まったく問題はなさそうである

kako-fGxB7WVStGvI1KdG.jpg

■ 3Bのショットを3個つけて底を転がすと 直ぐにロッドが孤を描き 小気味良く穂先を引き込む
  水量のせいで なかなか寄らず もしやと思うが... 30cmオーバーの虹鱒が水面に浮かぶ
  淵に溜まっているようで 一箇所の淵から 5~6匹の虹鱒を引き出すことが出来た

kako-k8EIT5pQRx8zYXCi.jpg

■ 雨の天気予報であったが いつの間にか 青空が広がっていた
  恒例の 「たべものや天手古舞」で昼食を取り ポイントを変えて午後の部に突入した
  何箇所か回ったが 成果が出ず イブニングの状態確認のため いつもの橋の下に移動

  散発ではあるが ライズがある いろいろ試したが まだ沈めたほうが良いようだ

kako-6ZztStWrgDqUK5pX.jpg

■ 翌日は疲れがピークで 身体がダルイ 釣りに身が入らない
  予報どおり 雨が降り始めたのを口実に 帰路に着いた

  来週もH氏と約束を交わしているため この地でロッドを振ることになる 
  3週連続の往復600kmのドライブ  50過ぎのメタボ親爺にはキツイが... 断る理由がない

  今気が付いた 6月7日は53回目の自分の誕生日じゃった 実感もプレゼントもナシの...


category: Fishing

Posted on 2009/06/08 Mon. 07:20  edit  |  tb: 0   cm: 0  

今期初の遠征 

■ 5月29日 天気予報を無視し 紋別へ走った
  初日の夕方 川を覘くと水量はやや多いが 濁りも大して気にならない程度
  そそくさと準備を済まし 川に足を入れると ヒンヤリとした感触が足に伝わった

  ウッ!冷たい 
  やってもうた 完全補修したはずのウェーダーが... 水漏れ... 
  やがてライズが始まる 今期の放流虹がワンキャスト毎に ロッドを曲げてくれた
 
  翌日 昨晩のポイントで 再度 感触を楽しむ (まったく 節操のない男だ)
  駐車場で 思わぬ人と出くわし 下流のポイントへ... かなりの水流だ
  流れの緩い側面にニンフを落とす... すかさず竿先が 大きく引きずり込まれた
  おそらく産卵後であろうと思われる スキニーな57cmの虹鱒をやっとこさネットイン
  ※ お腹がペッタンコ (一見 雨鱒)
 
kako-PuyLVAMSY9AZ42nX.jpg

kako-CSLIkijILZNDctz2.jpg

■ 最終日 日曜日なので各ポイントで カラフルなフライラインが舞っている
  誰も居ない ポイントでゆったりと 30cm前後の虹鱒と戯れる...
  すっかり太っ腹な人間になっている (まったく単純な男である)

kako-lugNEd4HcMhjOtHm.jpg

category: Fishing

Posted on 2009/06/01 Mon. 07:13  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。